やながわ眼科
トップページに戻る
文字サイズ 文字を縮小 標準サイズ 文字を拡大
院長挨拶 診療のご案内 院内のご案内 手術について アクセス・マップ 求人情報 リンク集

当院の特色


今日では眼科手術機械および眼科手術顕微鏡の高性能化と安全な眼科手術手技の普及によりほとんどの眼科手術は日帰りでも安全に行えるようになりました。当院では最新の医療機器を積極的に導入し安全に日帰り手術を行っております。どうぞ安心してお任せ下さい。

■白内障手術
 
当院でもっとも力を入れている手術です。全例日帰りで施行しております。ご遠方の方で宿泊を希望される方は医師またはスタッフにご相談下さい。手術は点眼麻酔で行い、難症例の場合を除き、10分程度で終了します。痛みはありません。手術後は15分程度お休みになればお帰りになることができます。当院では年間600〜700例の手術を安全に行っております。高い医療技術と最新の設備で現在最高水準の白内障手術をお約束します。
※当院では2010年7月より多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)が先進医療として承認されました。自費診療となるため手術費用は片眼31万9千円、両眼で63万8千円です。詳しくは医師又はスタッフにご相談下さい。
※乱視の強い方への乱視矯正眼内レンズ(トーリックIOL)も導入しております。(保険適用)

ページの先頭へ

■硝子体手術
 
糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜などに対して目の表面にある結膜をほとんど切開しない極小切開硝子体手術を行っております。
これにより手術時間の短縮化、術後の不快感の軽減。術後の視力回復の短縮を実現し患者さまに日常生活を早く取り戻していただける日帰り手術が可能になりました。

ページの先頭へ

■緑内障手術
 
薬物治療では十分に眼圧が下がらず病気が進行する場合には手術をする必要があります。近年日本において新たな緑内障治療用インプラントが認可され日帰りでもより安全な緑内障手術が可能となりました。

ページの先頭へ

■眼瞼手術(まぶたの手術)
 
眼瞼下垂、眼瞼内反症(さかまつげ)は加齢と共に増える病気で手術により劇的にQOL(生活の質)が改善する病気です。整容的にきれいに治すこと、再発をしないことをモットーに手術を行っております。

→眼瞼下垂とは?
 
上まぶたが落ちてきて目が開けにくくなる病気で疲労や肩こりの原因となることがあります。まぶたが瞳孔の上3分の1以上にかかると見え方にも影響し手術の適応となります。当院ではまぶたを挙げる筋肉(ミュラー筋+眼瞼挙筋)の短縮術を行います。局所麻酔で20〜30分の手術です。日帰りで行い10日後に抜糸します。

→眼瞼内反症(逆まつげ)とは?
 
まぶたが内側に向いているためにまつ毛が眼球に直接触れることになり、異物感や充血、眼脂等の症状を引き起こします。若年者と高齢者では起こる仕組みが異なるため手術のやり方が異なります。若年者には埋没法を高齢者には切開法を第1選択としております。いずれも局所麻酔で20〜30分程度の手術です。日帰りで行い、埋没法では抜糸は不要です。切開法では1週後に抜糸をします。
 なお、二重瞼目的の埋没法は行っておりません。

ページの先頭へ

■その他の手術
 
翼状片、霰粒腫、結膜弛緩症、まぶたの腫瘤(いぼ)などの日帰り手術を行っております。通院困難な場合や重症な疾患には入院可能な適切な医療機関をご紹介いたします。


やながわ眼科 院長 柳川 隆志 副院長 柳川 英里子
埼玉県さいたま市岩槻区仲町1-2-23 電話:048-767-7007
前のページへ ページの先頭へ